通信制の歴史

メモする女性

通信制高校は、文部科学省に認められている正式な高等課程であり、卒業時に受ける高等学校卒業程度認定試験に合格しなければならない。通信制高校の歴史は古く、1961年まで遡るのである。1961年に制定された法律が基礎となり、現代の通信制高校は成り立っているのである。通信制高校は、全日制とは異なり、毎日の登校の必要がないことで知られており、様々な事情を持っている人でも通うことができるとされているのである。 現在では、私立の大学が下部機関として設置していることが多く、年々通う人の数は増えていっているのである。全日制の高校から通信制高校に転校することも可能で、そのまま単位も引き継げることから人気が高まっていっているのであろう。

今後、通信制高校はどうなっていくのであろう。インターネットを使ってバーチャルで授業を受けることができるように整備を整えている通信制高校も出てきていることから、未来的にはいずれ通信制高校はすべてインターネットを介して授業などが行われるのであろう。 ただ、人と接することで伝わることもあるから、全く学校に登校しなくなるというわけではないのである。なぜなら、インターネットを介してのコミュニケーションには、感情が伝わりにくいなどのデメリットがあるからである。その点、対面式であれば感情が伝わりやすいため、コミュニケーション能力を高めるには人と接することが必要なのである。 SNSが普及した今、コミュニケーション能力の低下は問題視されつつあり、今後、通信制高校の需要が高まっていくに連れ、通信制高校の数は増えていくであろう。