自分のペースで学ぶ

通信制高校は全日制高校と違い自宅でテレビやラジオと教材を使って勉強をするために毎月の授業料ではなく授業料等の学費は年間で支払うのが一般的で、平均的には20万円から30万円程で学校に通わないので安いです。 しかし、中には通信高校とサポート校といって高等学校卒業程度の認定試験の合格を個人的な学習で目指すための学校が一緒になった高校では更に20万円から30万円が授業支援料としてプラスされることになり、トータルで年間で60万円から80万円かかることになりますが、通信制高校とサポート校が一緒になっているかどうかで平均的な価格は大きく違いますが、比較してみると最後まで高校卒業の資格を取るという目標を達成するには高くはないと考えられます。

全日制高校は中学を卒業した生徒が通っているのですが、通信制高校というのはどんな人が通っているのでしょうか。 ここで学んでいる生徒は比較的に不登校やいじめにあった子であったり、働きながら高校卒業程度の知識をつけたいと思って勉強している人が多く、通信制高校ではなく定時制高校で学ぶ人も中にはあり、これを比較してみると定時制はカウンセラーがいて常に悩みや心の問題があれば相談にのってくれる反面、通信制であれば好きな時間に学ぶことはできますが自分との戦いとなるでしょう。 このように全日制・定時制・通信制を比較してみると通信制は自宅での学習なので昔、学びたかったけどチャンスがなかった高齢者で何らかの理由で通うことができない人でも自宅で自分のペースで学習できるので年齢は関係なく学べるのが特徴です。